マーチンゲール法は競馬の必勝法と言えるのか?|競馬の必勝法と名高いマーチンゲール法の裏表

競馬の必勝法を知りたい。それは、すべての競馬ファン共通の願いと言えるでしょう。古来から伝わる有名なギャンブル理論「マーチンゲール法」について考察し、果たしてマーチンゲール法は競馬の必勝法と呼ぶにふさわしいかどうかを検討していきます。

人気ブログランキング

競馬の人気ブログランキングに参加中です。より多くの方々に競馬投資の魅力と可能性を伝えるために、すぐ下にある【バナーの応援クリック】をよろしくお願いします。

※FREEWAY独自の競馬投資ノウハウ「456法」の解説テキストも、↑の人気ブログランキング内で公開中です。

理論上は勝率100%のマーチンゲール法

マーチンゲール法とは、カジノにその端を発する非常に有名なベッティングシステム(賭け方の戦略)です。勝ちと負けをランダムに繰り返すカジノにおいて、確実に勝ちで終わって利益を得られる方法として考案され、多くのカジノファンに慣れ親しまれてきました。

マーチンゲール法とは、すなわち「倍掛け」のシステムのことです。一度負ければ前の額の2倍、もう一度負ければさらにその倍…といった感じで、負けるごとに掛け金を倍々にしながら投資を進めていく方法になります。負けている間は掛け金を増やしていきますが、一度でも勝てばその時点でリセットし、最初の掛け金に戻すのが一般的なルールです。

例えば、当たれば儲け金の倍額がもらえるギャンブル(最初の掛け金:1000円)の場合、マーチンゲール法で投資していくと以下のような形になります。

1回目の投資:
1000円を賭けて負け…(収支:−1000円)

2回目の投資:
2000円を賭けて負け…(収支:−3000円)

3回目の投資:
4000円を賭けて負け…(収支:−7000円)

4回目の投資:
8000円を賭けて勝ち!(収支:+1000円)

5回目の投資:
1000円を賭けて…

勝ちと負けをランダムに繰り返すという前提に立てば、ギャンブルを続ける限り、この流れをずっと繰り返すことになるでしょう。が、↑の4回目の投資でプラス収支になった際に「勝ち逃げ」をすれば、1000円の儲けで終わることができます。

深追いせず、勝った時点でやめて利益を確定させるというのが、マーチンゲール法のセオリーです。

このマーチンゲール法を競馬に応用する場合、負けたレースの投資金を次のレースのベットに上乗せしていくことになります。競馬の馬券は1点あたり100円なので、

1回目のレース:
1点あたり100円で購入

2回目のレース:
1点あたり200円で購入

3回目のレース:
1点あたり300円で購入

このような感じで馬券単位の購入額を増やしていけば、カジノにおけるマーチンゲール法と同じような効果が得られます。ただし、イーブンマネーベット(勝利すると賭け金と同額の配当が得られる賭けの種類)ではなく、あくまで「オッズ」によって最終的な配当が競馬では決まるため、カジノほど単純に計算できるわけではありません。

マーチンゲールの凄みは、たった1回の勝利で累損金をすべて回収できる点です。プラス収支になるまで投資額を増やしながら賭けを続けていくわけですから、理論上このマーチンゲール法が負けることはありません。理論上の勝率100%、それがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法が競馬の必勝法とは言えない2つの理由

しかし、「理論上は」と強調している通り、ただのマーチンゲール法で勝てるほど競馬は単純ではなく、簡単でもないのが現実です。競馬の攻略について考える上で、このマーチンゲール法を必勝法と呼ぶにはふさわしくない理由は、主に2つあります。

マーチンゲール法の問題点1:資金が無限にないと成立しない

累損金が足し算ではなく、掛け算で増えていく恐ろしさ…。はじめのうちの累損金はかわいいものですが、連敗数が増えていくにつれて、マーチンゲール法はその猛威を振るってきます。

倍賭けを続けることで起こる累損金の爆発的な膨張は、一種の「指数関数」の問題として考えることができます。指数関数の凄さを解説した有名な話に、

・新聞紙を42回折ると「月」に到達する厚みになる

というものがありますが、倍々ゲームによる加速度的な累損金の膨張を考えると、資金が無限にでもない限り、いつかどこかでパンクするというリスクは避けられません。

ちなみに、先ほどの「当たれば儲け金の倍額がもらえるギャンブル(最初の掛け金:1000円)」で、仮に10連敗してしまった場合、累損金額は1000円×2の9乗で、なんと51万2000円にまで膨れ上がってしまいます。勝っても利益は1000円、負ければ50万円以上の損…。このプラスとマイナスのアンバランスさが、マーチンゲール法の1つの弱点です。

マーチンゲール法の問題点2:パリミュチュエル方式との相性が悪い

競馬が当たらない理由|当たらないと悩む競馬ファンの心理と習慣にメスを入れる】でも解説した通り、日本の競馬はパリミュチュエル方式を採用しています。パリミュチュエル方式とは、一定率の手数料(競馬の場合、20%から30%)を総売り上げから事前に徴収し、残った差額を勝利者で分配するというギャンブルの仕組みのことです。この方式を採用している限り、いわば胴元であるJRAが破産することは絶対にありません。

JRA側が決して損をしない仕組みということは、逆に言えば、参加者側は常に不利な状態に立たされているということです。それは、マーチンゲール法をどれだけ巧みに使ったとて同様。控除率というものが存在する以上、競馬で単純な倍々ゲームが成立することはあり得ません。

そして、競馬とカジノの決定的な違い。それは、配当金がルールではなく「オッズ」によって決まるという点です。

「当たれば儲け金の倍額がもらえる」などのルールが事前に設定されているカジノとは違い、たとえ同じ金額をかけたとしても、競馬の場合はオッズによってリターンがいくらでも増減します。1000円を賭けて2000円戻ってくるときもあれば、逆に1100円にしかならないときだってある。単純なマーチンゲール法は、そもそも成立しないのです。

それでもFREEWAYがマーチンゲール法を競馬で採用する理由

マーチンゲール法は、決して競馬の必勝法ではない。それが、私たちFREEWAYの見解です。しかし、この記事の最下部で公開している「456法」の解説テキストを読んでもらえれば分かる通り、FREEWAY競馬投資法は、何を隠そう「累損回収(=マーチンゲール法)」の仕組みを使った投資ノウハウとなっています。

では、競馬の必勝法とは言い難い危険な側面を持つマーチンゲール法を、なぜ私たちは実際の投資で採用しているのか?そこには、3つの大きな理由があります。

マーチンゲール法による競馬投資のメリット1:たった1回の的中で利益が確定する

先ほども説明した通り、累損金額に応じて掛け金を上乗せしていくマーチンゲール法を採用した場合、一度でも的中すれば、その時点ですべての損益を回収してプラスに持っていくことができます。

「競馬は儲けるためには、たくさんレースで的中しないとダメだ」

と思い込んでいる人にとって、1回の的中で儲けられるこのマーチンゲール法は、まさに目から鱗の投資法でしょう。投資と勝ち逃げのタイミングさえ間違えなければ、1回当てればOK!というこのやり方ほど、ストレスの少ない投資法はありません。

マーチンゲール法による競馬投資のメリット2:的中率を底上げするノウハウがある

ただやみくもに投資しているだけでは、指数関数的なの累損金の膨張によって、あっという間に資金はパンクしてしまうでしょう。しかし、逆に考えてみてください。「連敗が増えると怖い」というのは、言い換えれば「連敗が増えなければ怖くない」ということ。私たちFREEWAYが採用しているのは、

・連敗数を増やさないために的中率を上げる

という、マーチンゲールの弱みを逆手に取った投資戦略なのです。

もちろん、投資に100%はありません。時には連敗することも、大火傷をする前に損切りをすることもあるでしょう。しかし、月単位でマイナスが残るという経験は、FREEWAY投資倶楽部が発足して以来、今まで一度もありません。それだけ投資するレースを厳選し、的中率を高い水準で保っているということです。

年間を通して、的中率50%以上をキープする競馬投資ノウハウがある。

そこに、さらにマーチンゲール法の強み(1回的中で利確)がプラスされるとすれば、どうでしょう?競馬で利益を残すことは、そんなに難しくないと思えてきませんか?

マーチンゲール法による競馬投資のメリット3:投資ソフトが自動で投資金額を計算してくれる

オッズによってリターンが決まる競馬は、そもそも単純なマーチンゲール法が成立しない。そう、先ほどは説明しました。しかし、どんなにオッズが変化しても決まった金額がリターンとして得られるように「自動で計算してくれる」馬券投票ソフトがあれば、実はマーチンゲール法を簡単に競馬で応用することができます。

FREEWAYが利用している馬券投票ソフト「競馬無双」には、オッズに応じた投資金額を自動で計算する機能はもちろんのこと、期待率を決めてリターンの配分を調整する機能なども搭載。1回の的中あたりの配当見込み金額をあらかじめ設定しておけば、投票前に計算ボタンをワンクリックするだけで、買い目あたりの購入金額を自動で計算してくれます。

ちなみに、FREEWAYが公式にアナウンスしているのは「的中1回あたりの配当見込み金額:1万円」。

2000円〜3000円程度の動きがあるため、実際は1万2〜3000円になるケースが多いわけですが、1回勝てば投資をストップする!というルールを徹底すれば、月あたり平均で10万円ほどの利益が出る計算になります。

週2回(土・日)×4週間(1ヶ月間)×1万2〜3000円=約10万円

マーチンゲール法を競馬の必勝法へと近づけていくために

競馬をギャンブルではなく、あくまで投資として考える。それが、FREEWAYの基本方針です。投資と銘打つ以上、そこには資金を増やしていくための「確固たる戦略」がなければいけません。マーチンゲール法のメリット・デメリットを深く理解しつつ、戦略を形にしてくれるソフトをうまく利用しながら投資をしていくスタイルを、私たちFREEWAYでは採用しています。

マーチンゲール法を競馬に応用できる、競馬無双を使ったオンライン投資。FREEWAYオリジナルのオンライン競馬投資に興味があり、競馬無双を使った具体的な投資方法、そして的中率を高める仕組みを知りたいあなたは、↓の「456法」解説テキストをダウンロードしてご覧ください。

【解説マニュアル】競馬の知識ゼロでも毎月10万円超を手堅く稼げる投資法

9割以上の人たちが負けて損をしている競馬の世界で、私たちFREEWAYが毎週しっかり勝って利益を出し続けている理由。

その秘訣は、

・競馬のセオリーを無視した独自のフォーメーション戦略

にあります。

ある特殊なレース分析方法を用い、狙い澄ましたフォーメーション買いによって的中を掻っ攫う手法。

そのすべてを紹介している、

・FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル

を公開しています。

「賭け」ではなく「勝ち」にこだわる競馬に興味があるあなたは、今すぐ↓のボタンから解説マニュアルを手にいれてください。

私たちと一緒に、競馬をギャンブルから手堅い投資へと変えましょう。

解説マニュアルをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*