競馬のレース結果を左右する脚質|競走馬の脚質を知れば競馬はもっと面白くなる

人間のマラソンランナーや競泳選手がそうであるように、競走馬にも自らが得意とするレース展開というものがあります。競馬のレース展開を予想する上で1つの目安となる「競走馬の脚質」について、この記事では簡単にまとめておきます。

人気ブログランキング

競馬の人気ブログランキングに参加中です。より多くの方々に競馬投資の魅力と可能性を伝えるために、すぐ下にある【バナーの応援クリック】をよろしくお願いします。

※FREEWAY独自の競馬投資ノウハウ「456法」の解説テキストも、↑の人気ブログランキング内で公開中です。

競走馬の脚質は5つの種類に分類される

競馬のレース展開をじっくり見てみると、ゲートオープンからゴールまでずっと先頭をキープして勝つ馬がいたり、後ろの方について虎視眈々と逆転の機会を窺っているタイプの馬がいたり、様々なパターンの競走馬がいるのが分かると思います。これらは、その馬の個性はもちろん、騎手の能力や得意とする展開、厩舎側の意向などによって生じるレースパターンの変化です。

基本的な脚質は、以下の5種類に分類されます。

・逃げ
・先行
・差し
・追い込み
・自在

「逃げ」と「先行」は、スタートダッシュが得意な馬の脚質。逆に、スタートダッシュが苦手な馬は「差し」や「追い込み」の脚質を持つと判断されるのが一般的です。しかし、馬群の中で揉まれるのが苦手な気性であるとか、騎手の技量が伴っていないなどの理由によって、それら本来の脚質がレースの中で活かされないということもあります。

脚質についての基礎知識1:単独先行を得意とする「逃げ」の脚質

逃げの「脚質」を持つ馬は、スタート直後から一気に先頭に立ち、その他の馬に一度も追い越されることなくゴールする一人勝ちの展開を狙います。発走直後の瞬発力がモノを言う、スプリンタータイプの競走馬です。ライバルに邪魔されず、理想的な位置取りで最短距離を走れるというメリットがある反面、正面からモロに風の抵抗を受けて体力を消耗しやすいというデメリットもあります。

逃げ馬の気性とは?

闘争心が強く、勝ち気で抑えが利かない面を持っているタイプ。逆に、馬群の中だと萎縮してしまうようなメンタル的な弱さを持つタイプも、この逃げ馬とされる場合が多い。いずれにせよ、逃げ馬として能力を発揮するためには、ライバルの馬に先んじるだけの強靭な脚力が必要となる。

脚質についての基礎知識2:安定的なレース展開の「先行」の脚質

先頭を行く逃げ馬のすぐ後ろにつけて前半を走り、直線前の3コーナーから4コーナー付近で逃げ馬を追い抜こうとするのが、この「先行」の脚質を持った馬です。逃げ馬を目標としやすく、風の抵抗もあまり受けないので、もっとも有利にレースを展開できるポジションだと言われています。ただし、レースの中盤で後方の馬群に沈んでしまうと、本来の実力を発揮できずに終わってしまうこともあります。

先行馬の気性とは?

スタート直後からトップに立つ必要がない分、逃げ馬よりも融通がきく(ある程度は抑えられる)気性でなければならない。ある程度抑えられる繊細さと、後方からのプレッシャーをものともしない図太さの両面を兼ね備えている必要がある。もちろん、競走馬の集団を先行する以上、発走直後の瞬発力とスピードも必須と言える。

脚質についての基礎知識3:じっくりチャンスを窺う「差し」の脚質

逃げ馬と先行馬の後ろにつけて前半は走り、後半の最終コーナーから直線付近でブーストをかけて先頭集団を追い抜こうとする脚質が「差し」です。中団を追走しながら虎視眈々とチャンスを窺っており、一気に集団から飛び出して、あっと驚くようなレース展開を見せることがあります。先行に次ぎ、実際のレースでは多様される戦法です。

差し馬の気性とは?

前を行く逃げ馬・先行馬にペースを乱されず、粘り強いレース展開ができなければいけない。また、後方集団の馬群に揉まれることも多いので、そのときに慌てず冷静沈着でいられる図太さも必要となる。スタート直後の瞬発力は必要ないが、そこから中盤付近の順位をキープするだけのスピードと、最後の直線からゴールにかけての瞬発力は重要となる。

脚質についての基礎知識4:ラストスパートで逆転を狙う「追い込み」の脚質

逃げ馬・先行馬・差し馬のさらに後方につけ、4コーナーを回ったあとの最後の直線で一気に他の馬を追い抜いて逆転しようというのが「追い込み」の脚質を持った馬の特徴です。もっとも劇的に勝ちを演出できる反面、先行する馬が後半まで粘った場合など、レースの展開次第ではまったく報われずに終わることもあります。

追い込み馬の気性とは?

最後の最後で末脚を発揮するための持久力はもちろん、後方から先頭集団まで諦めずに追いつこうとする粘りや図太さも必要とされる。他のライバルと追走したときに闘争心が出て前に出ようとするが、逃げ馬ほどの瞬発力が期待できない場合は、この追い込みの脚質と判断される場合が多い。逃げ馬と同様、気性面での扱いが難しいのが追い込み馬の特徴と言える。

脚質についての基礎知識5:オールマイティな展開が可能な「自在」の脚質

脚質の融通性・安定性が高く、どの位置でもバランスよく競馬ができる競走馬は「自在」と評価されます。その場・その状況に応じて臨機応変な対応ができる、文字通りオールマイティな脚質と言えるでしょう。逆に言えば、これと言った強みに欠ける分、レース展開の予想が立てにくいという特徴があるということです。

自在馬の気性とは?

臨機応変に状況へと対応するためには、バランスの取れた脚質だけでなく、他の競走馬のプレッシャーや闘争心に心が左右されない平常心が必要とされる。そのため、気性的にあまり難がなく、いつでも落ち着いたレース運びができる競走馬が「自在」の脚質を持つと評価されることが多い。

競走馬の脚質を知れば競馬で勝てるようになるのか?

自分が予想した通りのレース展開になったとき、人は競馬を面白いと感じるもの。過去の競走成績や騎手だけではなく、今回の記事で紹介した脚質をよく知っておくことで、競馬予想の正確さが高まる可能性は十分にあります。

しかし、競走馬の脚質を知れば競馬で勝てるようになるのか?と聞かれれば、そうとも限らないというのが現状です。サラブレッドという生き物が走る以上、予想外の展開や予期もしない出来事が競馬では起こり得ます。いくらデータが揃っているとは言え、その脚質通りにレースが運ばないことは、はっきり言っていくらでもあるわけです。

競馬で勝つために必要なことは、

・本来ならば想定外である出来事を、いかに「想定内」にしておくか

というマネジメントの部分にある。そう、私たちFREEWAYは考えます。

FREEWAY投資倶楽部では、競馬投資のノウハウをお教えするのはもちろんのこと、いかにして「ブレない投資マインド」を作るかというメンタルマネジメントの部分。そして、資金を減らさないためにどんな戦略で競馬に取り組んでいくべきかというマネーマネジメントの部分など、

・ギャンブラーとしてではなく「投資家」としての資質を育てるためのトレーニングプログラム

を用意しております。FREEWAY投資倶楽部、そして私たちの競馬投資法に興味のある方は、ぜひ一度↓の無料レポートに目を通してみてください。毎週末の競馬が、きっともっと楽しみになるはずです。

【解説マニュアル】競馬の知識ゼロでも1日数万円超を手堅く稼げる投資法

98%以上の人たちが負けて損をしている競馬の世界で、私たちFREEWAYが毎週しっかり勝って利益を出し続けている理由。

その秘訣は、

・競馬のセオリーを無視した独自のフォーメーション戦略

にあります。

ある特殊なレース分析方法を用い、狙い澄ましたフォーメーション買いによって的中を掻っ攫う手法。

そのすべてを紹介している、

・FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル

を公開しています。

「賭け」ではなく「勝ち」にこだわる競馬に興味があるあなたは、今すぐ↓のボタンから解説マニュアルを手にいれてください。

私たちと一緒に、競馬をギャンブルから手堅い投資へと変えましょう。

解説マニュアルをダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*